株式会社カタ技術 株式会社カタ技術は、ワイヤーカット、型彫放電、レーザカット、細穴放電の生産技術を通じてMade in Japanのものづくりを支えています。

企業情報

企業情報

会社名 株式会社カタ技術
所在地 〒571-0042 門真市深田町9-8
代表者名 片山 要
資本金 1,000万円
従業員数 5名
創業 1974年1月
設立 1982年7月
企業URL http://www.katagijutu.com/

担当者情報

電話番号 06-6908-9179
FAX 06-6906-5362
メールアドレス info@katagijutu.com

自社技術・製品の特徴

納期厳守・短納期・多品種小ロットの生産技術を磨いてきました。
特に、レーザー加工での薄板(板厚0.05mm)材料の切断や 早期(1999年)導入した3DCAD/CAMによる複雑な形状での加工は 他社との大きな差別化ポイントです。

主要製品 機械装置部品、金型部品、建築用工具部品、工業刃物部品、シム板など
主要取引先 パナソニック㈱
近畿刃物工業㈱
㈱三洋
㈱新日本テック
他約200社
加工材質 ワイヤーカット:◎鋼材、◎ステンレス、◎銅、◎銅合金、○アルミ、○超硬、○チタン、○ニッケル、○真ちゅう等

型彫放電:◎鋼材、◎ステンレス、○アルミ、○超硬、○チタン、○ニッケル、○真ちゅう等

レーザカット:◎鉄板、◎ステンレス、○真ちゅう、△銅、△アルミ等。
加工範囲(最小/最大) 手に乗るくらいのものから承ります(お問合せください)

加工ロット:1個~数十個
各種認証・認定
資格等
2012 年 3 月  門真市認定のカドマイスター認定
2013 年 3 月  守口門真ものづくり認定
2013 年 8 月  大阪ものづくり優良企業賞 2013認定
自社技術 ・CAD/CAMに独自カスタマイズをして、独自の加工プログラムを確立、作業効率の向上や管理ができるようにしています。

・ワイヤーや型彫放電は面粗度4〜6Sの面粗度加工を標準とし、レーザ加工は他社の嫌がる薄板(板厚0.05mm)の材料の切断を実現しています。

・3次元CAD/CAMの早期(1999年)導入により、他社が嫌がる複雑な形状も解析し,加工します。

金型部品、精密加工部品で国内大手にも実績

1974年設立の金属製品メーカー。
主に情報家電やカメラなど向けの金型部品、機械装置向けの精密加工部品を製造、販売している。
創業以来、多様な加工技術の知見、経験を積み重ね、ワイヤーカット加工、型彫放電加工、レーザ加工、細穴加工に自信がある。超硬やダイス鋼、ステンレス、ハイスといった特殊材料から一般構造用圧延鋼材(SS)まで、多様な素材を顧客ニーズに沿って対応し、業容を拡大してきた。
パナソニックなど、国内大手を含めて取引先多数。

主要設備

ワイヤーカット 三菱電機 MV2400R AdvancePlus X600×Y400×Z300 線径0.2
型堀放電加工 三菱電機 EA8PV Advance X300×Y250×Z250 
レーザー加工 bodor i5 X1300×Y900(板厚0.05mm~3mm程度迄)お問合せください
細穴加工 AMADA SH3D X300×Y200×t=100(mm)の平板
機械名 台数 能力
ワイヤーカット 1台 三菱電機 FA10PS X350×Y250×Z220 線径0.15
ワイヤーカット 1台 三菱電機 FX20K X500×Y350×Z300 線径0.25
型彫放電 1台 三菱電機 M25K X250×Y200×Z200
型彫放電 1台 三菱電機 M35J X350×Y250×Z250
細穴放電  1台 AMADA SH3D X300×Y200×t=100(mm)の平板 電極直径 φ0.3 ~ φ3.0

この企業に関するお問い合わせはこちら

同じ業種の企業

  • 株式会社三和歯車

    ステンレス歯車を得意とし、外径10mm以下~2,000mm超まで社内...

  • オサメ工業株式会社

    “世界の一流品”を合言葉に!
    工具不要だから取付け・取...

  • 太喜精工株式会社

    ニーズの深堀り・共有で、レスポンス良く、すべて自社内ワンストップ工程...

業種別で探す